合格祈願のご利益と桜が人気の関西の学業・学問の神様!大阪府の『大阪天満宮』

勝運の神社

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

大阪天満宮は関西の学問・学業の神様として人気の神社!

大阪天満宮の歴史

大阪府大阪市にある、
『大阪天満宮』をご紹介します。

大阪天満宮の創建は1000年以上前!

大阪天満宮は日本三大天神

大阪天満宮は、
日本三大天神(天満宮)の一社です。

学問の神様として有名で、
現在も合格祈願などで多くの人が参拝に訪れる歴史ある古社です。

大阪天満宮の安産祈願・お宮参り・七五三

大阪天満宮は安産祈願・お宮参り・七五三の祈祷でも人気の神社です。

安産祈願の祈祷の値段(初穂料):6000円〜
お宮参りの祈祷の値段(初穂料):10000円〜
七五三祈祷の値段(初穂料):6000円〜

大阪天満宮の梅・桜

天満宮といえば梅。

毎年2月に開催される『天満天神梅酒大会』では
全国の梅酒を集めてグランプリを決めるそう!

大阪天満宮の大人気行事です。

また桜の名所としても知られ、
春先には多くの参拝者が集まります。

大阪天満宮の車祓い

大阪天満宮は車祓いでも人気の神社です。

車祓いの値段(初穂料):10000円〜

大阪天満宮のご利益とは?
大阪天満宮はどんなパワースポットなのか?

さっそく参拝させていただきましょう!

大阪天満宮はなんの神様でしょう

大阪天満宮の神様とは、
どんな神様なのでしょう?

大阪天満宮の神様:菅原道真(すがわらみちざね)公

学問の神様です。

大阪天満宮の見どころは?大阪天満宮はどんな神社でしょう

大阪天満宮の参道

大阪天満宮への参道は、
商店街がある道の先です。

商店街の提灯も大きくて、
存在感がありますね。

大阪天満宮の表大門

大阪天満宮の目印は表大門です。

注連縄

門の上の注連縄のところに干支のモチーフが!
細工が細くてキレイです。

黒土祠

表大門をくぐると、
御神水を祀る黒土祠があります。

「大坂四カ所の清水」の一つに数えられる名水だそう。

大阪天満宮の本殿

記録に残るだけでも、
江戸時代に7回も火災にあったそう。

現在の本殿は、
1843年(天保14年)に再建されました。

登竜門

本殿の東西に、
2ヶ所に設けられいるのが登竜門。

この門は年に1回だけ、
《初天神の日》に開門されて通り抜けできるようになります。

この登竜門を通り抜けると、
「必ず立身出世する」と言われているそうですよ。

さざれ石

本殿の近くには、
立派なさざれ石があります。

大阪天満宮の蛭子門(えびす門)

かつて蛭子門の近くには、
戎社(えびすしゃ:蛭子社)が祀られていたそうです。

御神酒笑姿(おみきえびす)

蛭子門の前で、
穏やかな顔で鎮座しています。

神牛

大阪天満宮の神牛は青銅で作られていて、
学力向上のご利益がいただけます。

特に蛭子門近くにある神牛の頭をなでるといいそう。

丑年の参拝もオススメです。

大阪天満宮の摂社末社

大将軍社

大阪天満宮創建の、
きっかけになったと言われる神社。

大将軍社の創建は、
大阪天満宮の鎮座よりも250年以上も前だそう。

白米稲荷社

商売繁盛・衣食住の神様が祀られています。

稲荷奥宮

朱色の鳥居が連なる稲荷奥宮。
白米稲荷の横にあります。

伏見稲荷大社の神様が祀られています。

神明社

伊勢神宮・内宮に祀られている天照大神と、
外宮の豊受大神が祀られています。

白太夫社

白太夫は伊勢神宮の宮司。
菅原道真公の誕生に深く関わった人物だそう。

老松神社

朱色が鮮やかな祠が、
老松神社です。

祖霊社

祖霊社は梅が人気で、
梅の季節は見事に色付きます。

大阪天満宮の星合橋(ほしあひばし)

大阪天満宮の拝殿の右手側奥の門から外に出ると、
「亀の池」にかかっているのが星合橋。

《この橋で出会った男女は結ばれる》
と言う伝説がある縁結びスポットです。

願い玉

人気の願掛け「願い玉」。

橋から願い玉を投げて、
池の中の梅型の的に乗れば願いが叶うそう。

願い玉は願い事別に6色から選べます。

願い玉の料金(初穂料):500円(3つ)

星合橋の厄払い

さらに七夕の日にカップルで渡れば、
厄払いができるそうですよ。

大阪天満宮のお守り・絵馬・御朱印

格守

大阪天満宮の格守は、
合格祈願のセットになっています。
①絵馬
②お札
③お守り
④登竜門をくぐって本殿を通り抜ける入場券

格守の値段(初穂料):3000円

幸鈴

魔除け・厄除けのご利益がいただける鈴です。

幸鈴の値段(初穂料):700円

梅の絵馬

大阪天満宮の絵馬は、
天神様の梅型です。

これはご祈祷に申し込むといただける特別絵馬。

ご祈祷の料金(初穂料):10000円

大阪天満宮の御朱印

御朱印の値段(初穂料):500円
御朱印帳の値段(初穂料):2200円

大阪天満宮へのアクセス・大阪天満宮の駐車場

所在地

◎大阪天満宮のHPはこちら

所在地:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
駐車場:あり

大阪天満宮への車アクセス

阪神高速:北浜出口より府道14号経由0.8km 5分

大阪天満宮の最寄駅

大阪メトロ堺筋線:「南森町駅」より徒歩5分

大阪天満宮を参拝した後は?

グルメ・ランチ

すべらんうどん

大阪天満宮の参拝後にオススメなのは、
ご当地グルメ「うどん双樹」のすべらんうどん。

幅が広めの麺の間に切れ込みがあり、
箸から滑り落ちないうどんなんです!

お土産にもいいですね。

◎近くの飲食店検索はこちら

神社旅行におすすめ!国内旅行サイト比較一覧

宿泊で神社旅行するなら、
「一緒に温泉も入りたい!」「とにかく格安で泊まりたい!」など検索のしやすさが大事ですよね。
自分の希望に合った旅行検索サイトを見つけましょう。

楽天トラベル

ホテルや旅館はもちろん、
飛行機・高速バス・レンタカー・アクティビティまで、
色々なものを一緒に予約できる総合旅行サイトが「楽天トラベル」。

取り扱い宿泊施設数も国内トップレベルです。

自分の楽天IDでログインして予約すれば楽天ポイントも貯まるので、
日常的に楽天市場でお買い物をするなど、楽天ユーザーにおすすめです。

また宿泊割引の「ラ・クーポン」を使えば、
割引率の高い・都道府県別・宿と航空券のセット割りなど、
希望に合わせた様々なクーポンでお得に神社旅行が楽しめます。

◎楽天トラベルはこちら

ゆこゆこネット

国内の温泉旅行に強いのが「ゆこゆこネット」。

神社ある地域には温泉地もある地方も多いので、
平日にお得に温泉も楽しみたい
方におすすめです。

ゆこゆこネットはこちら

クラブツーリズム

40代以降の方に人気なのが「クラブツーリズム」。
色々な企画旅行が選びやすく、
添乗員付きツアーや目的に合わせたバス旅行もあります。

大人の友達旅行におすすめ。

◎クラブツーリズムはこちら

るるぶトラベル

JTBの国内旅行予約サイトとして人気なのが、
「るるぶトラベル」です。

検索が早く空室カレンダーが見やすいため、
急に思い立った旅行におすすめ。

◎るるぶトラベルはこちら

エクスペディア

割引サービスが多くて人気なのが「エクスペディア」。

特に宿+航空券の割引が大きく、
コスパ重視の神社旅行したい方にオススメです。

◎エクスペディアはこちら

じゃらんnet




数多くのクーポンが魅力なのが「じゃらんnet」。

ホテルや旅館はもちろん、
飛行機・新幹線もセットで予約できる総合旅行サイトです。

女性限定・学生限定・直前割など様々な割引サービスがり、
「クーポンまとめ」のページから自分に合った格安クーポンを選べます。

リクルートのPontaポイントが貯まるため、
HOT PEPPERを利用している人やLAWSONによく行く方におすすめ。

◎じゃらんnetはこちら

Yahoo!トラベル




検索しやすさで人気なのは「Yahoo!トラベル」。

こちらもホテルや旅館はもちろん、
飛行機・新幹線・レンタカーもセットで予約できる総合旅行サイトです。

条件の絞り込み機能が充実しているので、
こだわり条件で探したい方におすすめ。

今売れてる宿や評価が高いホテルなどもわかり、
お得なタイムセールもありますよ。

Tポイントも貯まります。

◎yahoo!トラベルの詳細はこちら

一休.com




「どうせ行くならちょっと贅沢な宿に」という方に人気なのは「一休.com」。

高級ホテル・旅館の専門予約サイトです。

タイムセールで全国の宿を選べるので、
憧れの高級ホテルに割引で泊まることも!

夫婦の記念旅行やカップル旅行など、
質が高くて快適な宿を探したい方におすすめ。

◎一休.comはこちら

本当に効く最強縁結び神社の参拝ルートとは?

どうしても叶えたい恋がある方、
この三社をこの順番で参拝してみてください

↓↓↓
この順番で参拝すべし!1日で巡れる恋愛成就の三神社【東京編】を見る

この順番で参拝すべし!1日で巡れる恋愛成就の三神社【京都編】を見る

能登半島地震の神社募金のお願い

2024年の能登半島地震によって、
能登半島の神社は倒壊のためほぼ全滅の状況となってしまいました・・・。

そこで神社マニアでは、
被災神社への復興支援として復興義損金を募集致します。

以下の第二のふるさと創生協会(神職さんが運営しています)を窓口として、
集まった募金はすべて神社庁を通じで被災神社へ送ることができます!

どうか被災された神社の力になれるよう、
皆様のご協力をお願いします。

◎被災神社への復興義損金の詳細はこちら