日本を代表するパワースポット!三重県の『皇大神宮・伊勢神宮内宮』

アマテラス

伊勢神宮内宮は日本屈指のパワースポット神社です!

伊勢神宮の歴史

三重県伊勢市にある
『伊勢神宮内宮』をご紹介します。

伊勢神宮は全125社からなり、
内宮はその中でも日本で最も位が高い神社。

その歴史は約2000年で、
日本人の総氏神である天照大御神を祀る神社です。

実は伊勢市の約4分の1は、
伊勢神宮の敷地なんですって!

伊勢神宮は、
天皇が元旦の朝に天地四方および山陵を拝むことで、

一年の幸福と無事を祈る四方拝の神社です。

◎四方拝の神社はこちら!

伊勢神宮は《二十二社》の一社でもあります。

二十二社とは、
平安時代に朝廷から特別に選ばれた22社の神社のことです。

◎二十二社はこんな神社です

さらに、
平安時代に奉幣(神様にお供えをする神事)のために
山城国と大和国の中から選ばれた《十六社》の一社でもあります!

◎十六社はこんな神社です

伊勢神宮の回り方

ちなみに伊勢参拝は、
外宮→内宮の順番で参拝するのがルールです。

◎伊勢神宮外宮はこちら!

伊勢神宮は私利私欲のお願いをする場所ではなく、
神様に感謝を伝える場所。

なんといっても、
日本人すべてを守ってくれている神様ですから!

伊勢神宮内宮のご神体

内宮には三種の神器の一つである、
八咫鏡(やたのかがみ)をご神体として祀られています。

三種の神器とは、
皇位の証として代々受け継がれてきた3つの宝物。

八咫鏡(やたのかがみ)・・・伊勢神宮内宮
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・・・皇居
草那藝之大刀(くさなぎのたち)・・・熱田神宮
にそれぞれ祀られていますよ。

伊勢神宮内宮のご利益とは?
伊勢神宮内宮はどんなパワースポットなのか?

さっそく参拝させていただきましょう!

伊勢神宮内宮はなんの神様でしょう

伊勢神宮内宮の神様とは、
どんな神様なのでしょう?

伊勢神宮内宮の神様:天照大御神(あまてらすおおみかみ)
言わずと知れた日本トップの神様!
全てを照らす太陽のような神様ですね。

伊勢神宮内宮の見どころは?伊勢神宮内宮はどんな神社でしょう

伊勢神宮内宮の鳥居

とっとも有名な内宮な鳥居。
さすがの貫禄ですね!

鳥居の榊(さかき)

36755280_1598411590282165_6288649582469447680_n

内宮の中には幾つか鳥居がありますが、
こんな風に「榊(さかき)」が付いているものがあります。

これは、
「ここから先は神様の領域ですよ」という印。
心して入らせていただきましょうね。

伊勢神宮内宮と五十鈴川

この先に流れる五十鈴川も、
とっても美しいです。

伊勢神宮内宮の玄関!『宇治橋』

伊勢神宮内宮の入り口にある立派な橋。
この橋がかの有名な『宇治橋』です!

宇治橋は、
人間界と神様の世界を繋げる橋。

宇治橋の神様

36761972_1598411060282218_5799005108654047232_n

実は宇治橋を背に振り向くと、
小さな鳥居があります。

宇治橋の神様が活られているそうですよ。

宇治橋の擬宝珠(ぎぼし)

36912801_1598413093615348_5711919303788331008_n

この橋の神様のお札は、
右側通行で帰る時に最後から2本目の擬宝珠の中にも納められています。

36772320_1598413133615344_9164115601432510464_n

色が違っていて、
こんな文字が刻まれていますよ。

しっかり拝んでいきましょう。

美しい伊勢神宮の庭園!『神苑(しんえん)』

36811416_1598411466948844_7757917096536702976_n

宇治橋を渡って左に曲がると見えてくるのは、
美しく広がる『神苑』です。

白い玉砂利が敷きつめられた参道で、
毎日専門の職人さんが手入れをしているそうです。

ただこの一角にある大きな松だけは、
大正天皇の御手植えなので自由にのびのび育っていますよ。

天皇が植えたものは、
ハサミを入れてはいけない決まりなんですね。

この神苑の神宮茶室で、
秋分と4月下旬には、
「春の神楽祭」と「秋の神楽祭」が行われています。

伊勢神宮内宮の手水舎

36824591_1598411496948841_6554891040325632000_n

しばらく歩くと手水舎が現れますので、
ちゃんと手と口を清めてから先へ進みましょうね。

日本トップの正宮!『皇大神宮(こうたいじんぐう)』

36780746_1598411920282132_8593386491575533568_n

この階段を上った先が、
天照大御神が祀られている正宮です。

THE・日本の神様。

深呼吸して心を鎮め、
日頃の感謝を伝えましょう。

ちなみに神様の領域なので、
この階段に入ったら撮影は禁止ですよ。

割れ目が天に見える!伊勢神宮内宮の『踏まぬ石』

36759554_1598412266948764_8579928757014364160_n

荒祭宮(あらまつりのみや)へ向かう石段に、
真ん中たりにポコッと出ているのが『踏まぬ石』です。

この石、
割れ目が天に字に見えることから、
「空から降ってきた石」という言い伝えが!

真ん中は神様が通る道なので、
この石はもちろん踏んではいけませんよ。

伊勢神宮内宮の別宮で最高位!『荒祭宮(あらまつりのみや)』

36852354_1598412543615403_8326047291618099200_n

さらに歩くと現れるのが、
別宮の中でもっとも位が高い『荒祭宮』です。

実はここは、
個人的なお願いをしていい場所とされているんです!

しかし、
お願い方法にポイントが。

お願い方法のポイント

「世の中の役に立てるように〇〇したいです」
「大事な人を守れるように〇〇になりたいです」
など、

私利私欲ではなく
世のため人のためのお願いにすることが大事ですよ。

伊勢神宮内宮の人気のパワースポット!『風日祈宮(かざひのみのみや)』

36741572_1598412616948729_7679648262529220608_n

この看板を曲がると美しい参道&橋が現れ、
その先が『風日祈宮』です。

雨や風を司る神様が祀られており、
「内宮で一番エネルギーを感じる場所」
とされるパワースポットなんです!

参道や風日祈宮橋など、
歩くだけでとっても気持ちいいですよ。

隠れパワースポット!伊勢神宮内宮の『四至神(みやのめぐりのかみ)』

神楽殿と五丈殿の間にあるこちら、
『四至神』です。

実はここは、
神宮境内を守る神様が祀られている場所なのですが、
石座だけで社殿を持たない神様なんです。

うっかりすると見落としがちですが、
実はここが強力なパワースポットと言われていますよ!

ちょっと手をかざすと温かいです。

伊勢神宮内宮の御朱印

御朱印(初穂料):300

◎人気の御朱印帳ランキングはこちら

伊勢神宮内宮参拝後のお楽しみ!『おはらい町&おかげ横丁』

内宮参拝後は、
内宮すぐ隣の『おはらい町&おかげ横丁』へ。

ここは色々な伊勢名物がいただけるスポットなんです!
ちょこちょこ食べ歩きできるのも楽しいですね。

甘味が美味しい『五十鈴茶屋』

36780830_1598413296948661_3856237688088690688_n

おかげ横丁で人気なのは『五十鈴茶屋』。

レトロな佇まいの茶屋で、
五十鈴川を見ながらいただけます。

お酒好きなら『伊勢萬』

36770668_1598413586948632_6853555657270886400_n

そしてお酒好きに是非立ち寄っていただきたいのは、
『伊勢萬』

ここでは色々な名酒がいただけます。
ちょっとずつ飲ませてくれるのが嬉しいですね。

伊勢神宮のランチは伊勢うどん

伊勢グルメで人気なのは、
なんといっても伊勢うどん。

もっちりと柔らかい麺に出汁醤油がとても美味しいうどんです。

伊勢神宮内宮へのアクセス・伊勢神宮内宮の駐車場

◎伊勢神宮のHPはこちら

所在地:三重県伊勢市宇治館町1
駐車場:あり

伊勢神宮内宮の最寄駅

三重交通バス:JR・近鉄「伊勢市駅」より、駅前バス乗り場10番から「伊勢神宮内宮前」行き
三重交通バス:近鉄「宇治山田駅」より、バス乗り場1番から「伊勢神宮内宮前」行き

激安!1泊2日の神社旅行なら!

こちらは宿泊代40%オフやクーポンが付いているので、
特にお得に神社旅行ができますよ。

→◎全国旅行支援のクーポン付きをチェック!

宿泊込みで神社旅行を検討するなら、
交通機関をセットで考えた方が動きやすいので断然オススメです。

→◎宿泊と交通機関の格安セットをチェック!

他の観光と一緒に神社参拝するなら、
交通機関もセットのツアーに参加するのも安心でいいと思います。

→◎神社バスツアーならこちらをチェック!

本当に効く最強縁結び神社の参拝ルートとは?

どうしても叶えたい恋がある方、
この三社をこの順番で参拝してみてください

↓↓↓
この順番で参拝すべし!1日で巡れる恋愛成就の三神社【東京編】を見る

この順番で参拝すべし!1日で巡れる恋愛成就の三神社【京都編】を見る

タイトルとURLをコピーしました